バッティングの基本は、素振りだといわれています。 どんな名選手でも、素振りは絶対に欠かせません。 では、なぜ素振りが大事なんでしょうか? これから、素振りの重要性を説明しましょう。 ・筋力トレーニング ・無駄な力が抜ける ・イメージトレーニング 最初は、筋力トレーニングですが、バット(特に重たいバット)を振り続けることによって、バッティングに必要な筋力がつきます。 しかも、振り続けることで、スイングスピードもつくのです。 素振りは、効率的な筋力トレーニング方法の一つだといえますね。 次に、無駄な力が抜けるですが、素振りを数百回続けると、体に疲労が溜まっていくでしょう。 段々、バットを持つことさえ、きつくなるはずです。 でも、その時こそ、力を入れずにスイングすることができます。 また、できるだけ疲れたくないので、余計な動きをしなくなります。 それが無駄のないスイングになるのですね。 最後に、イメージトレーニングですが、素振りの上級者になると、ただバットを振るということはありません。 実際の打席をイメージしながら素振りします。 例えば、外角の球が苦手であるなら、外角の球がきたことをイメージしながら素振りすると、実際の試合でも活躍できます。